2014年2月21日金曜日

アメリカナマズ(チャネルキャットフィッシュ) (Ictalurus punctatus)

魚類
原産地:北米
捕獲難易度:★☆☆☆☆

大きなものだと60㎝を超える。霞ケ浦水系では90cm以上のものも時折捕獲されるという。

アメリカナマズとは
このアメリカナマズ(別名チャネルキャットフィッシュ)も食用目的で日本に持ち込まれたが、
食卓の前に野外に定着してしまった外来魚の一つである。

事実、食材としてのポテンシャルはなかなか高い。
原産地の北米ではポピュラーな食用魚で、フィッシュアンドチップスなどに利用されているようだ。

餌を用いれば簡単に釣れる。ただし、暖かい時季に限る。

日本国内では爆発的に個体数が増加した霞ケ浦水系を中心に分布を拡大しており、何でも食べてしまう食性から在来種への影響が懸念されている。
 

腹を割くと、胃からはウグイやワカサギ、テナガエビといった在来種のほか、ブルーギルやアメリカザリガニなど同郷の外来種まで多様な生物が見出される。

また、ワカサギなどの漁獲対象減少はもちろんであるが、胸鰭の鋭く硬い棘(特に幼魚のものは針のように尖っている)が漁網に絡まって作業効率を著しく低下させるため、霞ケ浦の漁業者らにはオオクチバスやブルーギル以上に忌み嫌われている。

日本のナマズ(マナマズ)との違い
 

左が在来のナマズ(いわゆるマナマズ)、右がアメリカナマズ。こうして並べてみると外見は大きく異なっているのがわかる。

アメリカナマズは遊泳に特化した二叉型の尾鰭と流線型の体型を持つ。あえて在来ナマズで言えば、むしろギギに近い印象を受ける。
一方、マナマズはいかにも底生性といった体型で、各鰭もアメリカナマズに比べると貧弱だ。ちなみに髭の本数も少ない。

捕獲はエサ釣りで

アメリカナマズの捕獲は、霞ケ浦水系に限って言えば非常に容易である。
頑丈な釣り糸にエサを刺した丸セイゴ鈎やチヌ鈎を結んで水底に放り込んでおけば驚くほど簡単に釣れる。
ただし、それも春~秋口にかけての温暖な季節に限った話で、晩秋~冬季はウソのように釣れなくなってしまうので注意が必要だ。

仕掛けは一本鈎の胴突きでもキャロライナリグでもなんでもいい。
河川で狙う場合は仕掛けが流されないよう20~30号程度のオモリを用意しておこう。
逆に、それ以上のオモリでも流されるような急流はアメリカナマズもあまり好まないので、おとなしく釣りやすい淀みを探そう。


サバやサンマの切り身は食いつきも鈎持ちもよく、かつ安価なので利用しやすい。

エサは臭いの強いものならば何でもいいが、集魚効果と入手の容易さを考えるとサバやサンマなど青魚の切り身がおすすめだ。

ちなみに、イカの塩辛やよっちゃんイカ、フライドチキン、果てはグミキャンディーなどコンビニで購入できる食品でも釣果が報告されている
色々試してみても面白いかもしれない。

食べ方

導入の経緯を考えれば当然だが、清浄な環境で捕獲したものは加熱すれば食べることも可能である。

ただし、臭みが強い個体も多いので、皮をひく、牛乳や香草に浸すなど臭い消しの工夫が求められる。

皮と身の間に臭いがたまっている場合が多い。皮は問答無用で取り除いた方が良い。 

川魚の臭みを軽減するためには牛乳に浸すのが常套手段。アメリカナマズにも有効だ。 

調理法はおとなしくフライにしておくのがベスト。
臭みが不安な場合は味付けにカレー粉を使うと、さらに臭いを抑えて食べやすくなるとか。



ちなみに、残念ながらどんなに手を尽くしても臭みがとりきれないツワモノ個体も存在するようだ。
そういうのに当たってしまったら…ご愁傷様である。


そんな魚でも、二週間ほど泥抜きをしてやれば十分美味しく食べられるようになるはずなのだが、
アメリカナマズは特定外来生物に指定されている。
よって無許可での蓄養と活魚の輸送、すなわち家庭での泥抜きはNG。
絶対やらないよう気を付けよう。



2014年1月15日水曜日

コンビクトシクリッド (Amatitlania nigrofasciata)

魚類
原産地:中米
捕獲難易度:★★☆☆☆


コンビクトシクリッド(コンヴィクトシクリッドと表記されることも)は中米原産のいわゆるアメリカンシクリッドの一種である。

安価かつ丈夫で、一時期は観賞魚としてある程度の人気を誇っていた。

過去形で書いたことから察しが付くと思うが、近頃は観賞魚店でもあまり見かけなくなった。

だが、沖縄の限られた水系では未だにその顔を安定して拝めてしまう。
残念ながら。



原種は薄紺の地に暗色の帯が走った特徴的な体色なので、在来の淡水魚と見間違うことはない。


当時まだ十代。沖縄に住み始めたばかりの頃、那覇市内の水路でこの魚を見たときは「海水魚!?」と思ってしまった。

また、さらに初見の者を困惑させる白変個体も一定数存在している。



こちらは「ピンクシクリッド」と呼ばれている。
いかにも観賞魚ルートで侵入しましたいう感じである。

狭い水路であればタモ網で追い込み、広大なポイントであれば投網やもんどりなどのトラップで捕獲できる。

ただし、立ち入りと採集に許可が必要な場所もあるので注意が必要だ。

個体数は基本的にそこまで少なくないが、分布が局所的であることと厳冬後は大きく減少することがネックとなる。


ちなみに僕は捕獲した個体を飼育したことがあるのだが、同居魚を攻撃しまくって手を焼いた。
というか即刻隔離せざるを得なくなった。
観賞魚として人気がなくなった原因もこの辺にあるのかも。

2013年11月12日火曜日

沖縄外来種事情 2013年秋

10月、11月と月をまたいで沖縄へ行ってきました。

用事の合間にフィールドへ出ると、馴染みの外来種の姿が…。

まずは近頃にわかに注目を集めはじめている沖縄プレコことマダラロリカリアを捕食。

 某所のコンヴィクトシクリッドは一時ほとんど姿を消していたのに、久しぶりに覗いてみると個体数がリバウンドしていました…。



「ピンクシクリッド」の名で流通する白変個体(でいいのかな?)もちらほら。 



毎回食ってやろうと思うんだけど、どうしても踏み切れないアフリカマイマイ!


と、その天敵として導入されたけど在来陸貝ばっかり食べやがるニューギニアヤリガタウズムシ。



あとガメラ。



沖縄へ観光へ行く際は、海ばかりでなく陸や河川の生き物にも気を配ると色々ネガティブな発見がありますよ。
せっかくの旅行でそんな発見したくないと思いますが…。

2013年10月15日火曜日

外来魚料理

これまで色々な外来魚を捕獲して試食してきた。

元々食用目的で持ち込まれた種が多いので、たいていどれもそこそこ美味しい。
違うのもいるけれど…。



カムルチーは

ムニエルで美味しくいただいた。

ブラックバスことオオクチバスは

姿揚げのあんかけがベストだった。


ソウギョも

現地流に無難なあんかけにしてGood。
姿揚げじゃなかったけどね。


同じく四大家魚の一角ハクレンは

皮を剥けば臭みも少なくてそこそこ美味しかった。


アメリカナマズは

フライにするといいおかずになった。
この辺りで「皮を剥く+油で揚げる」という外来魚鉄板攻略法を身に付ける。


タウナギを

中華風の麺料理にしたことで、外来魚の調理は原産地に倣うべしという教訓を得た。


ティラピアは

いろんな意味で扱いやすかったねー。楽だった。
それにひきかえ…


プレコことマダラロリカリアは

下ごしらえから大変だった!
現地流にペイシアーダという料理にすると、多少臭う以外はそこそこいける味にはなった。
だがあの労力を考えるとまた食べようとは思いにくい…。


アリゲーターガーは




丸焼きにすると皮がズルッと剥けて面白かった。
そして味はほぼ鳥類の肉になってしまった。


こうして並べると色々食べてきてるな…。
まるでゲテモノ食いが趣味の人みたいでなんか嫌だな…。

美味しい美味しくないは別として、今ではどれもとても良い思い出です。

2013年9月17日火曜日

タウナギ (Monopterus albus)

魚類
原産地:東南アジア、東アジア
捕獲難易度:★★☆☆☆



田鰻と書いてタウナギである。
魚類ではあるがウナギとは縁もゆかりも無い。

中国・台湾ではごく一般的な食用魚となっている。

日本本土のタウナギは外来種であろうと言われているが、移入経路と時期は明らかでないようだ

なお、琉球列島産の個体群は産卵生態も大きく異なり(外国産は口内保育で琉球産は産みっぱなし)、
近年のゲノム解析による研究ではついに在来のものであることが明らかになっている

一説では朝鮮半島から奈良へ持ち込まれたのが本土産個体群の起源とも言われており、
それを裏付けるかのように奈良県を中心とした関西地方に多い。
田んぼにもいるが、その周囲の用水路を回った方が見つけやすいし捕りやすい。 

捕獲は非常に簡単である。
まず夜間に生息地の田園地帯へ出向き、用水路をライトで照らして回る。
水深5~20cm程度で流れの緩い場所に多く、底に這いつくばっているので網で掬うだけである。

ライトで照らそうが至近距離まで近づこうが逃げないほどどんくさい。
なので見つけることができれば捕まえたも同然である。



しかしこのタウナギ、つくづく常識知らずな魚である。
ヒレがほぼ無い上に、



鰓も一見どうなっているのか分からない。
しかも空気呼吸が可能で泳ぎが下手くそ。
小走りで追いつける川魚は初めて見た。

ちなみに前述の通り小さな網があれば楽々捕まえられるが、もっと工夫して捕まえたいという酔狂な方は釣りでも狙える。ただし見釣りだが。

水の振動に敏感に反応するので、エサは動けば何でもいい。
死んだエサでも眼の前で動かせば即食いつく。なんならルアーでもいい。

極論を言うとこんな仕掛けでも釣れる。



指サックは怪我防止のため。タウナギは意外と口が小さいのでこの写真よりもハリは小さい方がよい。

指先に釣りバリを装着し、タウナギの眼前でちょこちょこと動かしてやるのだ。
すると指をエサだと思って食いついてくるので、上手くハリを咥えてくれればそのまま釣り上げられる。


 上手くいくとこんな感じで釣れる。

ただし、やや難易度が高いのであくまで物好き向け。
言うまでもなく、普通に掬うかエサで釣った方が100倍手っ取り早い。



空気呼吸ができずに溺れ死んでしまうので、活かして持ち帰る場合は容器に水を入れすぎないこと。

原産地では重用されているだけあって、食べても美味い。
身がプリプリしていて、中華風の炒め物や中華餡の具にマッチする。

ただし、残念ながら食感が違いすぎてウナギの代用にはならないようだ…。



身が赤黒いのは少々ショッキングかも。

なお、捕獲はとても簡単だが居場所を見極めるのに若干コツがいるので色をつけて★2つにしておく。

2013年9月9日月曜日

ボウ・フィッシング アメリカ・イリノイ州におけるレジャーとしてのハクレン駆除

7月に書いたハクレンの記事閲覧数が予想以上に多いことに驚いています。

だからというわけではないけれど、ハクレンのボウ・フィッシングについて少し紹介。

日本へ食用に持ち込まれ、利根・江戸川水系に定着しているハクレンはアメリカでも近年幅を利かせている。

ただし、日本とは導入の経緯が異なる。植物プランクトンを大量に漉しとって食べる性質に目をつけられ、「泳ぐ水質浄化装置」として持ち込まれたのだ。
一定の効果はあったそうだが、やはり逃げ出した個体をきっかけに広範囲に拡散して問題化(ボートに突っ込んで事故の原因になったり、値が付かないのに漁師の網に掛かりまくったりするらしい)。
現在は駆除が求められているとか。

そうした背景からイリノイ川で誕生したのがこうした動画のようなレジャー・フィッシング。





弓矢で魚を射るボウ・フィッシングという日本では馴染みのない遊漁。ハクレンの場合は船のエンジン音に驚いて飛び跳ねる習性を利用し、空中で派手に射止めることになるので人気を博しているという。

ゲームフィッシング先進国のアメリカでは、魚釣りに関しては「いかに魚体へのダメージを軽減するか」というテーマがとても活発に議論・研究され、釣り人らにも徹底して啓蒙されている。
しかし、リリース(再放流)を前提としない外来魚の駆除も兼ねるとなると容赦は無いようで、かなり強大な矢を容赦なく魚体に打ち込んでいる。

ちなみにハクレンを食べる習慣は現時点では無いようで(食おうぜ!という運動は一応ある模様)、射られたハクレンは基本的に「廃棄物」として扱われているようだ。

漁法がかなり過激に映る上に漁獲後にはこの扱いなので、国内外からの批判もあるらしい。

日本の遊漁は漁業の延長であり、「獲物は食べなければならない」という意識が強い。
しかし、古くから純粋に「魚との駆け引きを楽しむ」ことを重視するアメリカでは「食べる」という選択肢の優先順位は低くなる。
ハクレンを捨ててしまうのも、ある意味ゲームフィッシング先進国らしい処理方法と言えるかもしれない。

確かにわざわざ無理して食べなくても、この方法なら消費を考えずに駆除が出来てレジャー客も楽しめる。
一石二鳥である。合理的である。

日本でも釣れたブラックバスやブルーギルのリリースを禁じ、殺処分を義務付ける動きに
「悪いのは人間であって魚じゃないのに!」という批判が多い。
しかし僕は人間が悪いからこそ、その責を負って心を鬼にすることも必要だと考えている。
「命を粗末にするな」という感情的な意見は、かえって多くの守るべき命を犠牲にすることもあるのだ。
(もちろん子どもへの適切な説明など、人の感情面への配慮は重要だが)

…でも生き物を矢で射殺して放置っていうのは個人的にはやっぱり抵抗があるかな~。
むやみに批判こそしないけど、自分もやりたいとは思えないな~。

まあ人間ってこんなもんですよ。

2013年7月23日火曜日

カミツキガメ (Chelydra serpentina)

爬虫類
原産地:北・中米
捕獲難易度:★★★☆☆

印旛沼水系の川にて。他にも各地で目撃・捕獲、あるいは繁殖の確認がなされている。

メディアで騒がれるほど狂暴じゃない。むしろ臆病でおとなしい。

カミツキガメ。その物騒な名前のイメージが強すぎるのだろう。「人に危害を加える恐ろしい外来種」という認識を持っている方が多い。
そりゃあちょっかいを出せば咬むなりひっかくなりされるかもしれないが、そんなのは野生の動物なら当然のこと。向うから積極的に攻撃してこないだけ安心というものだ。

…とはいうものの、子どもの遊び場でもある街中の水辺にこんなカメがいるというのはやはりちょっと心配でもある。
子どもは変なものにはちょっかいを出さずにはいられない生き物なのだから。



よく言われるように「咬まれれば指が一瞬で切断される」なんてことはそうそうないだろうが、体重10㎏に迫る成体に咬まれれば骨に達する大怪我をしてもおかしくない。

とまあまったく無害と言い切れない程度には危険なカメである。捕獲の際には注意を払いたい。

しかし捕獲と言っても前述の通り、とても臆病で警戒心が強いため、めったなことでは人の前には姿を現さない。なので網や手づかみで捕獲するのは極めて困難である。

印旛沼水系では産卵期である6月は陸に上がることも比較的多いらしく、地元の方々の目撃情報はその時期に集中していた。

となると必然的にエサを使用しておびき寄せる方法になるが、よく駆除で使用されるカニカゴタイプのトラップは設置に許可が必要な場合が多いし、駆除を行う業者や役所を混乱させかねないので安易に使用してはならない。
数をたくさん仕掛けないと効率も悪いし、カメを狙う場合はトラップ内での窒息をふせぐ工夫が必要となるため設置に手間もかかる。諸々の理由で個人が用いるのは現実的ではない。

となると「またかよ…。」と言われそうだが、残る手段は釣りとなる。
仕掛けは竿、釣り糸、オモリ、ハリと非常にシンプルでよい。いわゆるぶっこみ仕掛けである。
ただし、一つ重要な注意点としてハリのサイズがある。かなり大きなものを使用するべきである。

小さいハリを使うと、他種のカメがハリを飲んだ状態で釣れてしまうことがある。この事態は避けたい。

カメを狙うわけだから、当然スッポンやらクサガメやら招かざるカメも寄ってくる。
カメというのは魚と違ってエサを水中でひったくって泳ぐことなくその場で食む。
すると釣り人がアタリに気付く前にハリごとエサを飲み込んでしまい、非常に心が痛む事態を迎えることとなる。

それを避けるためにも、やや大げさに思えるほど大きなハリを使うべきである。
カミツキガメは甲長に比して頭部及び口がとても大きい。その上貪欲で、魚のように細かいことは気にしないようなので、「こんなにデカいハリ咥えてくれるかな…」と案じる必要はない。
それよりもうっかり飲み込まれた場合の絶望を恐れるべきだ。

成体の口はかなり大きい。クエ用やマグロ用などの極端に大きなものでなければたいていどんな釣り鈎でも入ってしまう。

具体的言うと、最低でも五百円玉からはみ出す程度のシルエットでないと、かなり飲まれるリスクが高い。特に成体のミシシッピアカミミガメ (Trachemys scripta)に。タマン鈎の22号を飲まれかけたときはさすがに驚いた…。

かといって海釣りで使うような軸の太いものもあまり都合がよくないので、ブラックバス用のワームフックの#5~6あたりが意外と使いやすいかもしれない(試したことないけど…)。

裏返すと見慣れたヌマガメとの身体構造の差は歴然。

エサはサンマの切り身がベスト。次点がサバ。海川陸を問わず、死肉をあさるタイプの生き物には臭い青魚がテキメンに効く。水棲カメ全般の好物でもある。
白身魚と比べると驚くほど差が出る。

イカの塩辛を用いたこともあるが、こちらには反応が薄かった。代わりに印旛沼水系ではアメリカナマズ (Ictalurus punctatus)がやたら食いついてきた。

ちなみに尻尾が怪獣っぽくてかっこいい。

魚と違って泳ぎは得意でないので、ハリにかけてから岸へ寄せるまではそう大変でない。
問題は岸についてからである。

意外と素早い上、踏ん張る力が強い。「ああ、やっぱり爬虫類は陸の生き物だ…。」と思い知らされる。
陸で強引に動きを封じるためにも、釣竿と釣り糸はある程度頑丈なものを用意し、ハリをはずす際にはフィッシュグリップ(写真で使用しているような器具)で顎をつかむのがよい。ペンチも必須。

拘束するためにはやはりフィッシュグリップが無難である。甲羅をつかむのには慣れが必要である。
たとえかみつかれない位置を持ったとしても、足でひっかかれるとかなり痛い。最悪、尻尾をつかんでぶら下げてしまえば咬みつかれることもひっかかれることもないが、カミツキガメが自重で尾やその付け根を脱臼してしまう可能性がある。


ちなみに余談ですが


 食べても美味いです。